注文住宅の設計は動線に注意する

注文住宅を設計するときには、間取りや広さだけでなく、動線にも注目することが大切です。ライフスタイルに合わせた動きを考慮して、どこに何を配置するのかを考えます。格好いいから、見た目が良いからといってキッチンをアイランド型にしてもあまり使いこなすことが出来なかったり、スペースを取ってしまっては意味がありません。デザインや見た目で決めるのではなく、使い勝手で配置やデザインを決めることが何よりも重要です。また注文住宅の場合キッチンやお風呂場、トイレなどは近くにまとめて設計することも多いですが、自分たちにとって使いやすい配置なのかしっかり考えることも大事です。

収納設備も動線を気にする必要があり、地下に収納部屋があったり、ロフト部分に収納設備がある場合は階段を使うことになります。重い荷物を抱えていても収納部屋に行くことは出来るのか、気軽に物を置ける位置にあるのかを確認しましょう。

伝えるときにも細心の注意を

注文住宅で設計をするときに重要になるのが、設計士への伝え方です。自分たちの希望を正確に伝えるためにも、上手に言葉にして伝えるようにしましょう。設計士に伝えるときには具体的なイメージを持つことが大切で、どの部分をどのくらいの広さにしたいか、どこに何を置きたいのかなど設計士かイメージを膨らませやすいように工夫します。理想の間取りがあるのならそれを図面にしたり、イメージの画像を印刷して持っていったりと相手に伝える努力をしましょう。

埼玉の注文住宅のメーカー選びは、高断熱・高気密に力を入れいるメーカーを選びます。また、台風・降雪・地震などの自然災害への対策にも力を入れているメーカーを選びます。なぜなら、気候の変化があるからです。