少ない予算で夢のマイホーム購入

夢のマイホームを手に入れたい、しかもマンションではなく土地がついている一戸建て住宅を手に入れたいという人は少なくありません。しかし、一般的に考えてみると、土地と上物がセットで販売されている土地付きの家はマンションに比べるとそれなりに費用がかかります。そんなに頭金を用意することができない人にとって、土地付きのマイホームは諦めないといけないのかというとそんなことはありません。もちろん、土地の値段が高い地域、とても広々とした家となれば、それなりに費用もどんどんと高くなりますので、実現することは不可能となります。ただし、発想の転換で狭小住宅という選択をすることによって、土地付きのマイホーム購入も実現可能となります。

さて、狭小住宅の最大のメリットは土地が狭いことにより、土地代をかなり抑えることができる点でしょう。一般的には都内であれば土地の価格はその他の地域に比べるとだいぶ高くなりますが、狭い土地であればあるほど土地代は安くなります。またメリットはそれだけではなく費用を抑えることができ、さらに三階建てを建てることによって広さも確保することができるでしょう。これらの理由により、都内で狭小住宅で生活している人々は少なくありません。

駐車場もしっかり確保できます

狭小地に建てる狭小住宅の場合、狭い土地に家を建てるわけですから駐車場を確保することが難しいと考えられがちです。しかし、うまく家を建てることによって、ビルトインタイプで駐車場を確保することはできるでしょう。このビルトインタイプの駐車場を作ることによって、屋根付きの駐車場にもなりますので、雨ざらしにもなりません。もちろん、ビルトインタイプの駐車場を作るため、一階部分は広々とした空間を作り出すことは難しいでしょう。この場合は、基本は2階部分が居住スペースになります。そして二階と三階で生活するような感じになるでしょう。

一戸建て住宅ですと、一階部分が居住スペースと考えられがちですが、慣れてしまえば二階が居住スペースでも全く問題ありません。以上のことからあまりお金に余裕はないけれども、地に足がついた夢のマイホームを購入したい人は狭小住宅をおすすめします。狭小住宅を購入するためには、どこにどんな物件があるのかを不動産屋に紹介してもらう必要がありますので、自分が住みたい地域にあり、かつかなり長年にわたって営業を続けている不動産屋に相談してみましょう。いくつかの不動産屋に相談することが大切です。

狭い土地や変形土地などに建てられる狭小住宅のことです。費用が抑えられるなどのメリットがある住宅です。