新規分譲地が広がるエリアに建てる場合

理想を形にする自由なデザインが魅力の注文住宅ですが、理想を追求するあまり、周囲の景観とのバランスを無視してはなりません。自宅だけが明らかに異質な外観を有していれば、こだわりのデザインも異質と映ってしまい、せっかく建てたこだわりのマイホームへの愛情が薄れてしまっては、注文住宅を選択した意味が半減してしまいます。ですがたとえば新規分譲中の土地が並ぶ、これから新しい町が形成される地域の場合、近未来の自宅周辺の風景を想像することは簡単ではありません。

こうしたケースで大切なのが、設計施工業者との十分なディスカッションです。地域密着スタイルで注文住宅に特化したビルダーであれば、あらゆる相談に対し、的確なアドバイスを聞かせてくれます。

一定の歴史を有する住宅地域に建てる場合

住宅が建ち並ぶエリアの分譲地に注文住宅を建てる場合、デザインを始めとした、周囲への配慮が欠かせないポイントが少なくありません。たとえば隣接する建物の日照権を侵害するリスクが想定されるような外観は、建設工事段階から近隣住人の方々との軋轢を生じさせてしまい兼ねません。地域性を無視した奇抜なデザインや外壁の色なども、同様の展開が懸念されます。

注文住宅建設に際し、住みたい場所へのこだわりが重要課題であれば、地域性の事前確認が必須です。こうした感覚的な情報に関しても、地域密着で実績を有するビルダーであれば、有益な助言やおすすめのプランの提案など、施主の入居後を見据えた対応に力を注いでくれます。完成した注文住宅での快適生活を念頭に、家族と地域双方にとって、魅力的なデザインを決定できればベストです。

愛知の注文住宅の場合、土地を別として考えると建設費用に約1500万円が必要です。なお、100平方メートルを基準にした相場なので、それよりも狭い土地の場合は価格も下がります。