建売にはない注文住宅の3つのメリット

理想の家をカタチにできる注文住宅。その魅力についてお話します。完成した住宅を実際に見学してから契約ができる建売住宅とは異なり、注文住宅は完成した建物をイメージしづらく、土地の購入から建築契約までの工程が複雑で手間がかかるというわずらわしさはあります。しかし、それを補ってあまりある大きなメリットが多数挙げられます。

まずは自由度の高い設計ができること。出来上がってしまった建売住宅と違い、家族構成やライフスタイルを住宅設計に反映させることができます。つぎに予算に応じた住宅を建てられること。譲れないポイントを押さえ、こだわりの少ないところは安く抑えて予算を調整することが可能です。そして最も大きなメリットが、建築現場を施主がチェックできること。外観や内装がきれいでも施工に欠陥があれば、数年後に不具合が起こる可能性もあります。注文住宅が建売住宅と比べて、欠陥住宅が圧倒的に少ないといわれているのも「施主がいつ現場に来るのかわからない」という状況に置かれるからなのです。施工者に良い仕事をしてもらうためにも現場にはこまめに足を運びたいですね。

セミオーダー住宅orフルオーダー住宅

注文住宅には、「セミオーダー住宅」「フルオーダー住宅」の2つの種類があります。セミオーダー住宅は仕様のほとんどがあらかじめ決まっていて、間取りや水回りなどの設備、外壁の色などを依頼者が決めるものです。必要に応じて設備のグレードアップ・グレードダウンは可能です。フルオーダー住宅は、新築に関わるすべての項目を依頼者が指定して計画します。自由度は高いですが、かなりの建築知識が必要とされ、資金も時間も豊富にある人向けの建築方法といえます。

横浜の注文住宅を比較的ローコストで購入できる場合があります。事前に予算の範囲を決めてから、購入を検討する事もできます。