地元の工務店を選ぶメリット

注文住宅を建てる時には業者を選定しますが、大手住宅会社を選ぶときもあれば地元の工務店を選ぶときもあります。大手であれば将来的なサポートをしてもらえそうなので安心感がありますが、地元の工務店は大手にないメリットもあるので検討するといいかもしれません。地元の工務店の営業エリアは同一市内かその周辺を主にしていて、その地域の気象条件や地盤の情報などもわかっているでしょう。その地域でたくさん建ててきたからこそ分かる設備や建築素材を知っているので、提案もそれを元に行ってくれます。大手であれば全国的な平均を元にした提案になりその地域に合わないときもあるでしょう。雨が多いから、風が強いから等の特性に合わせた提案によりその地で住みやすい家造りをしてもらいやすいです。

大手ハウスメーカーを選ぶメリット

テレビCMでもハウスメーカーのものが流れているので、社名だけであればいくつか思い出せるかもしれません。ハウスメーカーにも注文住宅を依頼できるので、メリットが希望と合致するなら選択すると良いでしょう。大手ハウスメーカーのメリットとしてはモデルハウスの存在があり、実際に見学ができる点が挙げられそうです。モデルハウスで使い勝手が分かれば、どの設備がいいのか素材がいいのかなどの選択もしやすくなるでしょう。大手ハウスメーカーは規格住宅なので、それぞれの部材などを一から用意するケースが少なくなります。その分部材のコストが下げられ、建築費用を抑えられるメリットがあります。規格住宅と言っても間取りは自由に決められるので、いろいろな要望に応えてもらえるでしょう。

3000万の家は家族構成が4~6人の家庭にぴったりです。立地や環境にもよりますが、一人一つ部屋が持てる場合もあります。