別荘を買う時にかかる税金

別荘を購入する時には複数の税金がかかります。どれくらいかかるのか、購入資金のほかにかかる税金としてあげられているのが、印紙税・消費税・登録免許税・不動産所得税となっていますので、注意してください。

不動産物件を手に入れるときにかかる費用として印紙税、消費税がかかるのは当然のことです。また、不動産取得税は不動産物件を手に入れたときには必ず物件の大小にかかわらず請求されます。更に登録免許税とは、平たく言うと不動産投機を行うための税金です。自分で登録するわけではなく、司法書士に依頼することになる可能性が高いため、司法書士へのギャラも費用の一環といえるでしょう。また、保有することによってかかる費用が、固定資産税と都市計画税です。

なるべく税金を抑えたいのであれば

多くの税金がかかるのはわかったけれど、できるだけ節税を心がけたい問いう場合、複数の方法があるため参考にしてください。基本的に住居として認定されることによって、別荘としての固定資産税よりも税率が安くなる場合があります。

それは月に1度以上住むことです。月に1度以上住むことによって居住用の建物として認識される可能性が高いです。毎月公共料金の請求書や支払い証明を用意しておくことによって、別荘として認識されずに居住する住まいとして認識され、税率を低く設定できるでしょう。毎月1回以上利用するだけで経費を抑えることが可能となるため、前もって定期的に通えるようにすることも必要となります。

八ヶ岳の別荘ではウッドデッキでバーベキューを楽しんだりリラックスしたりする他、ガーデニングや家庭菜園をするなど田舎暮らしを楽しむことができます。