東北に住んでみて思ったこと

北海道と言えば雪、寒さはどうなの?本州から行く人にとっては一番気になるところですよね。関東在住から東北へ引っ越した時、不動産屋さんに言われたことは「冬場の光熱費がびっくりするほど高いので、気をつけてお使いください」「電気ストーブとこたつで頑張ります」結果は、寒さに耐え切れずガス式暖房機を使ったら、めちゃくちゃ光熱費かかりました。

そして今、北海道ではどうなのか、物件の特徴的な違いは何なのかを知って後悔の無い物件を選びましょう。

北海道で賃貸の常識その1(冬場の暖房費のこと)

北海道の冬場は暖房器具をつけたままで生活するため、ストーブが定番暖房器具です。物件によっては火気厳禁で、ストーブが使えないところもあるので注意が必要です。

ストーブが使用可能か、暖房機ならガス暖房なのか、石油暖房なのかをチェックしましょう。ガス暖房の場合は、都市ガスなのか、プロパンガスなのかをチェック。都市ガスは安くてお得、プロパンガスだと火力の強さや、災害時の停電時に火をつけてお湯を沸かすことができます。

どれもメリットデメリットがあるので、自分の生活スタイルに一番合う暖房設備を選びましょう。

北海道で賃貸の常識その2(クーラーが付いていない)

北海道と言えども、近年の夏は本州並の暑さを記録していますが、昔はもっと涼しかったので場所によってはクーラーを必要としませんでした。暖房設備は備え付けてあるけれど、クーラー機能は無いということもあるので、確認しましょう。

北海道で賃貸の常識その3(バルコニーがない?)

北海道ではバルコニーがない物件は普通のことです。洗濯ものを外に干すことが出来ないためです。冬場は、降雪や積雪があるし、晴れていても外気温が低いので洗濯物が凍る、という理由で冬は部屋干しが当たり前です。バルコニーに積雪して危険が及ぶということも理由の一つです。

繁華街にある札幌中央区の賃貸は、物件の入り口や各階にオートロックと防犯カメラを設置して防犯対策がしっかりとなされています。