女性は服と靴の収納をチェック

男女においては女性の方が洋服や靴を多く持っているかも知れません。仕事着においても女性は毎日違う服を着たいでしょうが、男性は毎日同じ色のスーツでもあまり気にならないでしょう。洋服が変われば靴も変えたいと思う人がいておのずと靴の数も多くなります。女性が賃貸物件を選ぼうとするなら服と靴の収納が十分あるかを見ておきましょう。靴の収納は玄関に設置されていて数十足収納できるシューズボックスを備えている物件もあります。シューズボックスが十分でないと玄関が汚くなってしまうのでしっかりこだわるようにしましょう。洋服を収納するクローゼットの広さも大事になります。クローゼットが十分でないと居室が狭くなり住みにくくなるので注意しなければいけません。

居室と収納の広さは内見で確認

賃貸物件を探すときは不動産屋などで紹介してもらいます。立地や予算などの希望を伝えるとそれに合う物件情報を見せてくれるので気になるところがあれば後日内見に行きます。人によっては内見をせずに決めたりするようですがそれはあまり良くないでしょう。実は不動産屋が用意する間取り情報は正確でないときがあり、居室と収納の広さの割合などが実際の割合と異なるときもあります。収納が居室の半分ぐらいで書かれていてもいざ内見をしてみると収納が非常に狭いときもあります。収納が足りないとその分居室に荷物を置かなくてはいけないので、納得できる収納量のある物件を探すようにしましょう。ロフトがあるだけで収納も広いと思いがちですが狭いところもあるのでしっかり自分の目で確認しましょう。

大学のキャンパスが近くにあることから、北見の賃貸は学生さん向けの物件が充実していることで知られています。