失敗しやすい間取りとは

注文住宅は自分の理想の家を作れる方法ですが、自由度が高い分だけ失敗しやすい住宅でもあります。特に失敗しやすいのが間取りです。間取りの位置は良くても家具の大きさがあっていないことで、動線が悪くなってしまうということはよくあります。それを避けるためには、間取りを決める時に、一緒に家具の大きさを考慮してどう配置するかを決めることで失敗を避けられます。
また、解放感が欲しくて吹き抜けにしたら二階が狭くなった、臭いや音が二階に伝わってしまいプライベートの確保が難しくなることも多いです。吹き抜けを作る際にはデメリットも知った上で、作るかどうかを検討することが必要です。

その他、明るい方が良いとリビングを南側に配置したら、日当たりが良すぎて夏場に暑くなってしまうなどが考えられます。

ライフスタイルにあった間取り

間取りの失敗を避けるためには、間取りを決める時点で家族間で何を重視するのかを話し合ってから決めていきます。生活動線を具体的に決めた上で、家具の大きさを考えながらどこに配置するかを決定します。動線を考えるポイントとしては、家事をいかに効率よくできるかという点を重視します。買い物後にキッチンまでスムーズに行ける、洗濯後にすぐ洗濯物を干せる動線などを考えます。
また、採光や風通しなどにも注意していきます。リビングなど家族が集まりやすい場所は採光が良い場所に配置するのが定番です。日当たりが良すぎる場合には、日差しを遮るオーニングなどを設置できるようにしておくなどの工夫を行います。

京都の注文住宅は、木造で落ち着いた雰囲気のデザインなど古都の街並みに馴染む魅力的な住宅が数多くみられます。